… 猫くんたちと のんびりまったり …                                              

サヨナラ お継母さん… 101

ハナレグミさんの さよなら COLORが好きです。

 

おはこんばんちゃ、ひなた まど。です… 

 

 ポチしていただけるとうれしいです^^

 

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ       

     ☆ ありがとうございます ☆ (人''▽`) ☆☆☆彡

 

今日が継母の四十九日です。

 

サヨナラ、お継母さん…

 

もう、サヨナラなので忘れて先に進むことにします。

 

わたしのトラウマは父にありました。

 

継母はそれを強化した人…

 

彼女自身はわたしにとっては原因ではなく要素でした。

 

だから、もう、彼女に対して恨みも辛みもお終いにしてサヨナラしようと思います。

 

彼女とは最期まで向き合えませんでした。

 

でも、ちゃんと自分自身を生きた人だったとアッパレに思いました。

 

彼女は幸せだった?

 

わたしの価値観ではそうは思いたくなかったのですが、

 

でも、彼女の価値観からすれば一人で暮らすお金も家も時間も最終的に手に入れて

 

何よりもそれを守りきれたので、しあわせだったのかな…

 

守り切って父が亡くなってからのこの20年間を自由に生きてきたのだから

 

幸せだったのかな…とも思います。

 

価値観の違いは仕方ない。

 

彼女がもう少し他者に対しての理解や情や優しさを持ったら

 

もっと幸せだっただろうにってわたしが思うのは

 

ヨケイなことなのかもしれない、、、

 

そして、彼女の子どもになっちゃったのは自分にとっては不運だったけど、

 

それはそれで致し方なかったんだろうな…

 

彼女もわたし達が子どもじゃなきゃって思ってたかもしれないので

 

そこはお互い様だったと思うことにします。

 

愛する義務もなければ、愛される権利もないし、

 

親の恩を着せられる義務もなければ、

 

感謝されなきゃいけないという権利もない?

 

ただただお互いに微妙にすれ違った疑似親子だった…

 

 

 

 

継母が亡くなった次の日に会いに行きました。

 

末っ子と二人で行ったのですが

 

顔にかけてあった白い布をあげて えっ? って…

 

一人暮らしで夜中に急に亡くなったと聞いていたので

 

苦しそうな顔をしているかもしれないなと覚悟してたのですが、

 

  

 

  えっ…  ?

 

 

  誰 … ?    

 

 

     … … って…

 

 

継母って痩せていたのですよ…

 

ガリガリでいつも頼りなさそうな風で、不安そうな不機嫌そうな

 

そんなイメージでした。

 

笑う時も首を傾げてふふふと笑うだけのような…

 

 

でも、そこに横たわっていた方は

 

ふくよか…    …(@_@;)…

 

 

 誰 ?

 

でも、8秒くらい経って、

 

あ、ホントだ継母だ…   と…

 

末っ子も唖然としていました…

 

 

ふっくっらとしていて、つやつやとした肌、

 

わたしより肌艶いいんじゃない?って思えたほど…

 

「ええ~っつ!!!こんなに太ってたの?」

 

って思わず兄に聞いてしまいました。

 

認知症が出てきてから、何もせずにただ食べるだけの日々だったそうです。

 

以前は食べるものはほとんど自分でちゃんと作っていたし、

 

刺繍をしたり、パッチワークをしたり、

 

毎日のことをこまごまとこなす人だったのに…

 

認知症がでて冷蔵庫の中の物も管理できなくなってきたようで

 

結局は毎日歩いて5分ほどのスーパーに行って

 

好きなものを買ってきて食べては暮らしていたそうです。

 

デイサービスなんかにも行っていたそうだし、

 

近所の人にお昼を呼んでもらったりもしていたそうです。

 

兄によれば、なにもせずただ食べてたんだから、そりゃ、太るわ、と…

 

一緒に住み始めて以来、ずっと40年以上も太った姿を見ることがなかったのに…

 

80歳を越えてからでも人間って太れるんですね…

 

認知症になると食べたことを忘れるっていうし

 

ただただ気がついた時に食べていたんでしょうか…

 

人間の身体って不思議だなと思いました…

 

きっと色々と考えることも忘れられて

 

ただただ生きてるってことにシンプルに忠実な数年間だったんでしょう…

 

認知症が発症してからは、

 

人に自分の生活を脅かされる心配をせずに

 

ゆったりと幸せに過ごせた数年間だったのかもしれません…

 

穏やかで福々しいお顔に救われた気もしました…

 

 

継母が亡くなってしばらくは色んな感情が溢れ出しましたが、

 

もう、それも落ち着きました。

 

以前と同じようにただ諦めるだけ…

 

自分の心の問題は自分自身のものなので

 

これからも考えていかなければならないでしょうが…

 

 

四十九日も過ぎてお空へ…

 

もう納骨も満中陰の法要も兄が済ませてくれました。(感謝)

 

わたしは行きませんでした。

 

このままサヨナラで…

 

サヨナラから始まることがある。

 

そうだなとツクヅク思います…

 

 

 

さぁ、わたしはこの今の自分をなんとかしよう~!!!

 

 

落ち着いたらお墓にも御参りに行きます。

 

 

    倶会一処

 

  亡くなったらみんな仏さん。

 

お墓まいりの代わりに行くお寺の裏道

f:id:namakemonoco:20200505125626j:plain

今年の2月に行った時の写真です…


 江原さんはお墓はカルシウム畑っておっしゃいます。

 

何処に納骨するかは生きている人達の問題で

 

亡くなったら魂は何処へいくんでしょうね…

 

 

 

 

 ブログ村に住んでます^^

 

ぽちッとしていただけるとウレシイです^^ 

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ    

猫王子のように か弱いのに孤高な生き方がしてみたい~^^