… 猫くんたちと のんびりまったり …                                              

人との境界線 105

 昨日は夕方から雨が降り始めました。

 

植物の植え替えをしたので、調度良かったかも?

 

昨日はスピッツのへちまの花という曲を見つけたので聞いてみました。

 

う~ん、デュエットですよ~ 珍しくないっすか?

 

いいです^^      オススメ~

 

黄色い大きなヘチマの花。

 

ヘチマには長兄の思い出があります。

 

おはこんばんちゃ、ひなた まど。です…

 

  ポチしていただけるとうれしいです^^

 

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ       

     ☆ ありがとうございます ☆ (人''▽`) ☆☆☆彡

  

どうして人の中で居る時間が長くなると自分の精神的なものが乱れてしまうのか?

 

を考えていて、

 

人との境界線が上手く引けていないからだと思いました。

 

自分という人間と他者。

 

物理的に身体が別々なのだから境界線は皮膚なのです。

 

そういえば、昨日読んだ中野信子さんの本には

 

皮膚は「露出した脳」と表現することがあります。と、書かれていました。

(男脳 女脳 人生がときめく脳に効く言葉 中野信子 セブン&アイ出版

 

ココロではなく脳だけど、

 

皮膚は全身を覆っているので、全身の表面、

 

バリバリ脳だったりすると、疲れるな…(;´・ω・)

 

あ、話を戻します。

 

で、人との境界線は精神的な問題で、それってとっても大事なことだと思うのですが、

 

親も学校もキチンと教えてくれない…

 

ってか、親がそこを侵す可能性が大きいですよね…

 

知らず知らずのうちに子どもの心の領域に入り込んでしまう依存って

 

弱いものへと浸食していくからタチが悪い。

 

子どもの時にその境界線の引き方を間違えると

 

大人になってもずっとシンドイ生き方になるのかもしれません…

 

だから、人生の早い時点で他者との境界線の引き方の見直しをするべきなんだろうなと

 

昨日は真剣に思えたのでした。

 

この長い自宅待機の期間に、わたしはやっとここまで来たのだけど

 

まだまだ0を目指している地点。まだまだマイナス地点から抜け出せていません…

 

このまま仕事に復帰したら、またマイナスへ落ちるのだろうか…

 

いや、今度こそ…

 

結局、それは日常へ戻ってみないとわからないのです…

 

人の中で生きるとどれだけ疲弊してしまうのか…?

 

境界線の守り方って実践してみないことにはどうしようもない…

 

でも、日常生活に復帰するまでに、その傾向と対策を考えてみようと思います。

 

 

 

で、とってもヨケイなことなのですが、

 

昨日スゴク気になったこと…

 

昨日見たトップブロガーな方のブログ…

 

お母さんブロガーさんなんですが、子どものことを書き過ぎなんじゃないかなと…

 

最近発達障害のお子さん多いじゃないですか…

 

発達障害って定義がよくわかっていないので、そこはあまりアレなんですが…

 

アレができない、コレができない、それがウチの子発達障害

 

ってブログにバンバン書かれています。

 

そして、私はこうしています! 黙って見守っています。

 

黙って見守るのはある意味我慢が必要で、そこは親の根気です!!!

 

的に書かれていたり、

 

ブログに子どもさんの写真もバンバンあげていらっしゃるのです…

 

顔はボヤかせてわからないようにしているけど、服や背格好わかるし

 

なんせ、有名ブロガーさんだから知る人ぞ知る、

 

ってか、周りの人はわかっちゃってますよね…

 

子どもさん、辛いんじゃないかな…

 

ああいうお母さん…

 

でも、未成年だったら親の元にいるしかしょうがないし、

 

ご本人は一生懸命で誠実に自分の正義を全うされているのかもしれないけれど、

 

それこそ、他者である境界線を侵してると思うのですよ…

 

親子と言えどもプライバシーの侵害だと思ってしまいました…

 

ネットの中の他人事なのですが、

 

どうして周りの父親とか友人は彼女に忠告をしてあげないのだろう…

 

子どもを守ってあげないのだろうって思ってしまいました…

 

ヨケイなこと、書いてしまった…

 

けど、あげちゃおっ!!

 

とにかく自分のことを考えるのが最優先!

 

自分のことだけでも精いっぱいなんだし…

 

 

朝、目が覚めたら枕元の猫ベッドに猫ボクちん…

いつも目つきが悪い…(;・∀・)

でも、個人的にはこの顔も好き♡

f:id:namakemonoco:20200510100759j:plain

(もう、起きる? メシ、まだ…?) 

 

 

あ、でも会ったこともない人様のことでイラだっちゃうのは、

 

やっぱりわたし自身が境界線をちゃんとひけていないからですね…

 

この場合はお子さんのスタンスに立って親に対する腹立ちを表面化させたのだ。

 

でも、その子ども達には親をしのいで生きていく強さがきっと備えられてるのだと信じよう…

 

わたしはわたし自身の問題に取り組もう…

 

 

 

 ブログ村に住んでます^^

 

ぽちッとしていただけるとウレシイです^^ 

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ    

猫王子のように か弱いのに孤高な生き方がしてみたい~^^