… 猫くんたちと のんびりまったり …                                              

人との関わり方… 138

今日は晴れるかと思ったのに雨…

 

朝、聞こえた少し力強くなった?と思えた蝉の声も消え

 

雨、雨、雨…

 

雨の日は蝉はどうすごしているんだろ…?

 

おはこんばんちゃ、ひなた まど。です…^^

 

 

  ポチしていただけるとうれしいです^^

 

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ       

     ☆ ありがとうございます ☆ (人''▽`) ☆☆☆彡

 

自分自身が悩むことは結局は人間関係で

 

職場でもご近所さんでも気になりだすと気になって

 

居心地の悪い思いをしたりもします…(・。・;

 

この長屋に住んできて、

 

時々外から聞こえる人の声に割と敏感に過ごしてきていて

 

引っ越したいってずっと思ってきたのですが、

 

何分猫くん達がおふたりというのが、容易に引っ越せない原因となっています。

 

猫さんというのはワンコさんよりも賃貸は難しく、

 

おふたりともなるとヨケイに敬遠されます。

 

尿の匂いと壁や柱で爪を砥がれるからで、

 

猫さんお嫌いな方は「好きな人には気にならなくても匂いが強いのよっ!!」

 

と…

 

不動産屋さんでもそういうことを言われ、なかなか引っ越せずに今に至るのです。

 

人に家を貸している人からは猫さんの臭いを消すのに一年以上かかったとか聞くし、

 

家の匂いって住んでる人間には気づかないけど、

 

やはり多少にかかわらずあるのは事実で、

 

トイレの管理をキチンと出来てなかったり、

 

フードなんかでも匂いが違うのでしょう…

 

壁とかにかけちゃう猫さんもいるそうですしね…

 

内心(うちは大丈夫)は通用しない…(^-^;

 

うちもそれぞれのねこ君で排泄物の匂いが違うので

 

自分は気にならなくても他人様は…(;´・ω・)

 

あ、人との関わりのことを書こうと思ったのですが、

 

話、逸れちゃってました ヘヘ…

 

 

でも、今まではナントナクそれなりにやって来れていたのです…

 

イロイロと思われていたかもしれないけど、

 

妙に口出しをしてくる人はいなかったのです…

 

ここにいる以上はこの平和を守っていきたいなと思うのですが、

 

引っ越してきたおばさんを警戒するのはナニカ?を考えてみました。

 

で、最近妙にご自分をグイグイ押しつけて来られるところだと思います。

 

独りだから、不安だから、寂しいから…?

 

引っ越すことが不安だし、タイヘンだから??

 

でも、それを誰かに分け持たせようとすると人は遠ざかるのだと思います。

 

この長屋で住んできて思うことは

 

やはりご夫婦でそれなりに仲良くいらっしゃる人は他人にグイグイこない?

 

それに独り暮らしでも子どもさんがいて、足しげく来られている方も…

 

まぁ、性格的なこともあると思うのですが

 

自分の領域と他者の領域の線引きを引いている人ばかりでした。

 

これまでも何年もおばさんとは外で出会った時だけ立ちばなしはしていたのですが、

 

今回引っ越してくることで妙にグイグイと来られた…

 

で、わたしのアラートが鳴りだしたんですね。

 

近くに越してくるに際して、「玄関先の植木を片づけたのね」 とか

 

「家の前の溝蓋が曲がってて危ないから交換した方がいい」 とか

 

自分の要らない物をくれるとか…

 

で、ですね、その溝蓋も昨日自分で交換したんですが、

 

ふと隣の家の前を見ると溝蓋が2枚重なっていたんです。

 

もしかして、それ、おばさんが…??? 鉄で重いのに?

 

ご自分の引っ越しだけでも大変なのに…???

 

で、そういうのをありがたいとはわたしは思わないことにしました。

 

なんかそういうのダメでしょ…

 

 

親切?

 

今、凄く思うのは人ってやっぱり自律してなきゃいけないと思うのです。

 

人にお節介をやくのは人と関わっていたいから?

 

その見返りも??

 

でも、それをやり続けると却って人から遠ざかるような気がします。

 

子どもさんがいない方の心理をわたしはわからないので

 

結局は理解しようとしないことにしました。

 

それは継母でずっと思い悩んだから…

 

わたしは継母が自信を持ってわたし達の母親だと思っていたら

 

わたしも力いっぱい彼女に対抗できたと思います。

 

受け入れることも拒否したい気持ちもどちらも…

 

でも継母はそこが中途半端で恐る恐る距離をとられたから

 

わたしも距離を置いたままで彼女は亡くなっていきましたが、

 

それは継母とわたしのお互いが選んだ関係の距離だったと答えがでました。

 

そのあやふやな中途半端な居心地の悪さを何十年も続けていたので

 

もう、今更、赤の他人様とそういうあやふやさを挟みたくないのです。

 

おばさんがハッキリと自分が独りでできないことを助けてほしいと言われれば

 

自分のできる範囲でお手伝いすることはできても

 

お節介を焼かれてそれをありがたそうに受け止めながら

 

おばさんのペースに巻き込まれるのは遠慮願いたいのです…

 

 

で、わたし自身も…

 

気持ちが不安だったり、ヒマだったりする時に

 

その時々に話を交わした人にちょっとシツコク?話をしてしまう時があったりするし、

 

わかってほしいちゃんになっちゃったりすることもあります。

 

でも、後で少しハンセイ… する…

 

 

でも、そういうの少し気をつけていかないとダメだなと思えるのです。

 

 

そう考えると、

 

昭和の時代は終わったなと思います。

 

今は令和。

 

昭和な時代はお節介も人情ととらえられてきたけれど

 

平成も過ぎ令和になった…

 

そのおばさんが以前言われていたことで

 

「わたしが~~~~やって来てあげたのに…」という言葉…

 

家の回りをいつもきれいに掃き掃除してきたとか

 

誰かによくしてあげてきたとか…

 

今もご近所さんにしょっちゅう声をかけに行かれてます。

 

でも、

 

結局そういう恩を着せる貯金は令和には持ち越せないと思うのです。

 

賃貸は賃貸なので出てくれと言われれば出てかなきゃいけないし、

 

今回は次に入る家もかなり手を入れてもらって

 

隣近所の人にすれば「うちも直してもらいたい!」

 

と思うほどきれいに直してもらえたそうだし、

 

住み慣れた家を出ての引っ越しはたいへんでしょうが…

 

でも、遠くに引っ越さずに済んだのはラッキーともいえるし

 

そこは仕方ないと諦めなきゃ…

 

人と話をする時って、やっぱり愚痴や悪口や

 

自分が人に何かしてきてあげたとか

 

そういうのはちょっと控えめな方がいいですね…

 

なるべく明るい楽しい話しがいい…

 

そして依存心がこぼれないようにしないとですね…(^_^;)

 

 

年をとっても時代の価値観みたいなものについていかないと

 

これからは時代的にドンドン厳しくなっていくから

 

年をとっているから人に大事にしてもらえると思っちゃいけない…

 

自律あるのみ?

 

わたしも子どももいますが、

 

基本的には人に依存しない生き方をしたいと思うのです…

 

あ、でも子ども達がわたしがそうほざいているのを聞いたら呆れるかも?(笑)

 

有言実行できるようにガンバろぉ…

 

 (#^.^#)

 

 

 

明日は満月。

 

明日の夜は晴れるといいな…

 

f:id:namakemonoco:20200704161827j:plain 

 ムラサキゴテンの下で

傘をさしたように見える?

黒猫ちゃん…

 

子どもがSoftbankスマホにしたのはもう4年以上前。

その時貰ったお父さん。

今は楽天モバイルだったっけ?

 

 顔のあるものはなかなか断捨離しがたいのです…(^_^;)

 

 

  ブログ村に住んでます^^

 

ぽちッとしていただけるとウレシイです^^ 

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ    

猫王子のように か弱いのに孤高な生き方がしてみたい~^^